〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-29-13 Jフロントビル1F
TEL.03-3723-1234 FAX.03-3724-1693
営業時間:9:00〜20:00(土・日曜は20:30まで)(無休)


東急東横線・東急大井町線自由が丘駅下車徒歩1分
自由が丘 風月堂



自由が丘 風月堂
(オーナー・門林泰夫)

 明治時代、西洋菓子を日本で初めて作り、販売したのは南鍋町(東京・銀座6丁目)米津風月堂でした。自由が丘風月堂は当時の古文書を保存、直接継承しています。明治時代の西洋菓子を再現できる唯一の店としてテレビや雑誌で当時の西洋菓子を再現、紹介しています。と同時に、世界に先駆けて最も新しい抽象的な造形菓子を創造、海外でも高い評価を得ています。
 温故知新、明治時代からの伝統の技を大切にし、新しい時代の洋菓子を研究してお客様に喜ばれるよう今後も努めていきたいと思っております。
※なお風月堂の風は本来は几の中に百です。

 写真の商品は日本で最初に販売された明治時代初期の「シュ・ア・ラ・ケレーム」を再現したもので、好評です。当時の価格は現在の貨幣価値にすると1500円位に相当します。




| BACK |