指導委員長
島田 進
(しまだ すすむ)
1946年三重県生まれ。「ルコント」、パリの「ブタール」、「ダロワイヨ」、「サントノーレ」、「ベッケル」、スイス・コバ製菓学校等を経て、帰国。東京・銀座「マキシム・ド・パリ」で2年間製菓長を務め、「ルコントカンパニー」で10年間総製菓長を務める。
その後、渡仏し、パリの「ジャン・ミエ」、「メゾン・ド・ショコラ」等を経て帰国。1998年9月東京・麹町に「パティシェ・シマ」をオープン。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・副会長を務める。
副委員長
柳 正司
(やなぎ ただし)
副委員長
永井 紀之
(ながい のりゆき)
1954年群馬県生まれ。1974年東京・銀座「三笠会館」、調布「ピュイダムール」などを経て、1983年よりレストラン「クレッセント」で総料理長として勤務の後、1998年神奈川県海老名市に自店「パティスリー・タダシ・ヤナギ」をオープン。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・常務理事及び技術指導部部長を務める。
1961年東京都生まれ。辻調理師専門学校卒業後、フランス料理人を経て「オーボンヴュータン」のオープニングスタッフとして2年間勤務する。その後渡仏し、ヴァランス「ダニエル・ジロー」、グルノーブル「ドゥーヴェルヴァル」、パリ「ミッシャエル ロスタン」、ポンドイゼール「ミッシェル シャブラン」ジュネーブ「ホテルインターコンチネンタル」などで6年間過ごし帰国。1993年、東京・下高井戸にフランス菓子店「ノリエット」をオープン。2002年には、レストラン「ル・プチ・リュタン」をオープンした。  
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・理事及び技術指導部委員を務める。
副委員長

(えびさわ しんじ)
副委員長
朝田 晋平
(あさだ しんぺい)
1958年東京都生まれ、都内のフランス料理と洋菓子の店「エコー・プラザ」、「イタリアン・トマト」1号店を経て、「ルコント」へ入社する。2年間の渡仏時代を含め13年間同店に勤務の後、1992年に自店「レ・アントルメ国立」をオープン。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・理事及び技術指導部委員を務める。
1963年大阪府生まれ。1982年「新高輪プリンスホテル」に入社。1994年「パークハイアット東京」ペストリー・スーシェフに就任。1998年から「浦和ロイヤルパインズホテル」のエグゼクティブ・ペストリー・シェフを務め、2011年7月に退社。2011年9月に埼玉県さいたま市に「パティスリー・アプラノス」をオープン。
東日本洋菓子作品展連合会会長賞(1997年)、内海杯優勝(1997年)、ジャンマリーシブナレル杯フランス本選出場(1999年)、クープ・ド・モンド・ド・ラ・パティスリー世界大会準優勝(2001年)等の受賞歴がある。
現在一般社団法人埼玉県洋菓子協会・専務理事を務める。
委員
佐々木 祐治
(ささき ゆうじ)
委員
鈴木 芳男
(すずき よしお)
1955年岩手県生まれ。「ピエール」ほか都内の洋菓子店を経て、1999年5月横浜・港南台に自店「パティスリー・ミルリトン」をオープン。現在「東京風月堂」に勤務。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
1955年福島県生まれ。「資生堂ロオジェ」、「ウェスティンホテル東京」、「ホテル日航東京」等を経て、2002年、東京・荻窪に自店「ル ク−ル ピュー」をオープンする。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
委員
森下 令治
(もりした れいじ)
委員
山浦 孝一
(やまうら こういち)
1961年広島県生まれ。「ピクスドール」、「エルドール」及び「ピエスモンテ」勤務の後、東京製菓学校の洋菓子科教員として後進の指導を務めた後、2007年7月に東京都大田区に「パティスリーコリウール」をオープン。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
1960年東京都生まれ。東京製菓学校卒業後、「ベルポアンたちばな」、「ホテルニューオータニ」、「ホテルセンチュリーハイアット」等勤務の後、「ホテル日航東京」のペストリー・シェフ、東京・青山の「ミクサージュ」のシェフ・パティシエを務め、現在「ベルン」工場長。東日本洋菓子作品展など各種コンクールにおいて連合会会長賞等上位入賞の実績がある。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・理事及び技術指導部委員を務める。
委員
小針 由雄
(こばり よしお)
委員
横田 秀夫
(よこた ひでお)
1955年福島県生まれ。東京・調布市の「サロン ド テ スリジェ」で修業後、フランス・パリの「ダロワイヨ」等で約8年間修業する。その間「エコール・ルノートル」で菓子全般、「エコール・カカオ・バリー」でチョコレートを学ぶ。「ダロワイヨ」では“デコール”と“プティ・ガトー”部門の副シェフを務め、帰国後は、「ダロワイヨ・ジャポン」のパティスリー・シェフを務める。1998年6月、横浜市青葉区に自店「パティスリー コルディアル」をオープン。2006年5月に同店は東京都品川区に移転する。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・理事及び技術指導部副部長を務める。
1959年埼玉県生まれ。調理師専門学校卒業後、「東京プリンスホテル」、「銀座レカン」、「東京全日空ホテル」を経て、1994年、東京・新宿の「パークハイアット東京」オープンと同時に、ペストリー・シェフに就任。2004年5月に埼玉県春日部市に「菓子工房オークウッド」をオープン。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
委員
高木 康政
(たかぎ やすまさ)
委員
三浦 秀一
(みうら しゅういち)
1966年東京都生まれ。「辻調理師専門学校」フランス校卒業後、「マルメゾン」「ホテル西洋銀座」などを経て、2度目の渡欧。「アンフィックレス」、「モーデュイ」「ベルニュ」などで修業し帰国。1995年「レ・サブール」でパティスリー・シェフとして勤務の後、2000年東京・駒沢に「ル パティシエ タカギ」をオープン。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・理事及び技術指導部委員を務める。
1956年神奈川県生まれ。大学卒業後、1979年4月「ブールミッシュ」入社。1984年2月に同社を退社後、専修学校 日本菓子専門学校で教職に就き現在に至る。この間1987年にスイスの「コンフィズリー・プロジャン」、「ノッター飴細工学校」、1998年にパリの「ホテル・ド・クリヨン」、1999年にはパリの「パティスリー・ミエ」等で研修を重ねる。1999年より同校教育局局長。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
委員
後藤 順一
(ごとう じゅんいち)
委員
桜井 修一
(さくらい しゅういち)
1960年神奈川県生まれ。高校卒業後1979年に「プリンスホテル」入社。「東京プリンスホテル」製菓部製菓製パン課長を経て、「グランドハイアット東京」の副総料理長。
シャルル・プルースト・コンクール日本予選第1位(1988年)、札幌料理オリンピック金賞(1989年)、シャルル・プルースト・コンクール本選第2位(1989年)、第4回クープ・ド・モンド・ド・ラ・パティスリー世界大会団体第2位(1989年)、個人部門第1位(1995年)、国際製菓芸術コンクール(モナコ)第1位(1998年)等の受賞歴がある。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
1965年埼玉県生まれ。高校卒業後、武蔵野専門学校で製菓を学び、1984年「レストラン・マダム・トキ」入社。1987年同社退社後、同年「ルノートル」入社。1990年に同社退社後、同年「ロジェ・ベルジェ」のシェフ・パティシエとして入社。1992年に同店退社後渡仏し、約3年間にわたってパリの「ジェラール・ミュロ」、「J.C.グルボー」、「ホテル・クリヨン」、等で修業。1995年に帰国し、「パティスリー・マディ」にシェフ・パティシエとして入社。2011年8月まで東京都世田谷区に「フラウラ」を経営、現在出店準備中。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
委員
及川 太平
(おいかわ たいへい)
委員
木村 成克
(きむら しげかつ)
1960年東京都生まれ。大阪の辻調理師専門学校卒業後、東京の「オー・ボン・ヴュー・タン」等に勤務。その後渡仏し、3年間修業して帰国。代官山の「ピエールドール」に入社。1990年より1998年の退社まで同店シェフを務める。1999年10月、横浜市青葉区に自店「アン・プチ・パケ」をオープン。
アルパジョン・コンクール金賞(1989年)、マンダリン・ナポレオン・コンクール日本予選第1位(1992年)、第2回SOPEXAコンクール第2位(1993年)、第4回クープ・ド・モンド・ド・ラ・パティスリー世界大会団体部門第2位、個人部門第1位(1995年)、第5回クープ・ド・モンド・ド・ラ・パティスリー世界大会団体部門第2位、個人部門第1位(1997年)等の受賞歴がある。
1963年大阪府生まれ。1981年より2年間、神戸の「ポートピア・ホテル」に勤務後、「ポールボキューズ大丸」で倭文八郎氏に師事。1987年に渡仏し、ストラスブールの「パティスリー・ネゲル」に勤務。1989年からはパリの「パティスリー・ラ・ヴィエイユ・フランス」で約2年半勤務。その後リヨンの「ショコラティエ・ベルナシッシオン」、ミュールーズの「ショコラティエ・カプリス」等を経て、再度「パティスリー・ラ・ヴィエイユ・フランス」、「パティスリー・ネゲル」に勤務。1998年に帰国し、「シェ・シーマ」、九州・福岡の「パティスリー・フレ」のシェフ・パティシエを経て、2007年、東京都世田谷区に「パティスリー ラ・ヴィエイユ・フランス」をオープン。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
委員
川口 行彦
(かわぐち ゆきひこ)
委員
太田 秀樹
(おおた ひでき)
1960年静岡県生まれ。「ドンク」、「ルノートル」を経て1985年渡仏。1986年オープニングスタッフとして「ルショワ」に入り、「ショコラ・ド・パリ・ルショワ」を立ち上げるためパリの著名なチョコレートショップで研修。「和光チョコレートショップ ルショワ」のシェフを務め、2003年、東京・自由が丘に「オリジンーヌ・カカオ」をオープン。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
1969年東京都生まれ。「サロン ド テ スリジェ」「レ・アントルメ国立」を経て1995年に渡欧。3年間修業の後帰国し、1998年より「成城アルプス」のシェフ・パティシエを務める。2003年には「プレリアル成城」をオープンする。
グランプリ・グルマンディーズ2位(1996年)、アルパジョン・コンクール2位(1997年)、東日本洋菓子作品展・味と技のピエスモンテ部門グランプリ(1998年)、ジャパンケーキショー・味と技のピエスモンテ部門金賞(2000年・2001年)等の受賞歴がある。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・理事及び技術指導部委員を務める。
委員
佐藤 均
(さとう ひとし)
委員
白鳥 裕一
(しらとり ゆういち)
1961年東京都生まれ。武蔵野調理師専門学校を卒業後、軽井沢万平ホテル調理部に入社し料理とデザートを学ぶ。その後「ルショワ(現グルメ和光)」にオープニングスタッフとして入社。1989年に渡欧し、3年間に渡りベルギー「パティスリー・ダム」、ルクサンブルグ「オーバーワイス」、フランス「モーデュイ」「フレッソン」で修業の後帰国。東京・八王子の「ル・フォワイエ」(現在閉店)のシェフ・パティシエを経て、1998年に東京都江戸川区に「ドゥーシュークル」をオープン。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
1965年埼玉県生まれ。「欧風菓子クドウ」、「アルパジョン」を経て1989年に渡仏。パリの「デュティル」「ルーソー・エ・スール」で修業の後帰国し、1991年に埼玉県越谷市に「フランス菓子キャトーズ・ジュイエ」をオープン。
アルパジョンガストロノミックコンクール・アメ細工の工芸菓子部門メダルベルメイユ受賞(1990年)、東日本洋菓子作品展コンフィズリー&クッキー部門銅賞(1998年)、グランプリ・インターナショナル・ド・パティスリー マンダリンナポレオン日本大会入賞(2000年)、ジャパンケーキグランプリ入賞(2000年)、テレビチャンピオンケーキ職人選手権“夏の冷菓決戦”準優勝(2000年)、ジャパン・ケーキショー・味と技のピエスモンテ部門銅賞(2001年・2003年)、クープ・ド・モンド・ド・ラ・パティスリー日本予選決勝進出(2004年)等の受賞歴がある。
委員
中川 二郎
(なかがわ じろう)
委員

(ひだか のぶひろ)
1961年和歌山県生まれ。東京製菓学校を卒業後、「東京カド」「スヰング」を経て「東京製菓学校」洋菓子科就任。この間1992年に欧州研修で「アンフィクレス」「ジェラール・ミュロ」「モーデュイ」等で修業する。12年間教職を務めた後、2003年5月に東京都練馬区に「パティスリー キャロリーヌ」をオープン。
ジャパンケーキグランプリ優勝(1999年)等の受賞歴がある。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
1961年宮崎県生まれ。「キャンティ」、「成城マルメゾン」で修業の後、1987渡欧しヨーロッパの食文化を研究する。1988年帰国後、「ラ・マーレ・ド茶屋」の製菓長に就任。1994年「明治記念館 菓乃実の杜」製菓長に就任、他に「明治記念館調理室・製菓部デザート課」を含める製菓統括シェフおよび明治記念館グループの(株)セランが主催する「ジャンティール アカデミー」の統括マネージャーを務め2010年7月に退社。2010年10月に東京都板橋区に「パティスリー・ラ・ノブティック」をオープン。
グランプリ・インターナショナル・ド・パティスリー マンダリンナポレオン日本大会第2位(1998年)、第4回メートル・ド・パティシエ世界選手権にて第4位/一般審査第1位(1999年)、ジャパンケーキグランプリ第3位(1999年)等の受賞歴がある。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・理事及び技術指導部副部長を務める。
委員
堀江 新
(ほりえ しん)
委員
松島 義典
(まつしま よしのり)
1967年神奈川県生まれ。大阪あべの辻調理師専門学校卒業後、「葉山フランス茶屋」「銀座和光ケーキショップルショワ」を経て1992年渡欧。ルクセンブルグ「オーバーワイス」、ヴァランス(仏)「ダニエル・ジロー」、ベルギー「パティスリー・ダム」、タンエルミタージュ(仏)「エコール・ヴァローナ」、ポワティエ(仏)「パティスリー・バジャール」等で修業を重ね帰国。1995年「葛竝タ和光」に入社し、1996年に「ルショワ」シェフ・パティシエに就任。2001年4月に東京都新宿区に「パティスリー・ラ・ヴィ・ドゥース」をオープン。
シャルル・プルースト・コンクール優勝(1995年)、クープ・ド・モンド・ド・ラ・パティスリー世界大会・個別賞氷細工部門優勝(1999年)、ドイツ・エルフルトで開催された料理コンクール世界大会にて個人別部門優勝(2000年)等の受賞歴がある。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
1963年大阪府生まれ。1981年芦屋の「パティシエ・ドゥ・ミシェル」に入店し、4年間修業を積む。その後「京都センチュリーホテル」「大阪全日空ホテル・シェラトン」を経て、1991年「有限会社パティスリー・ドゥ・フリアン」に入社し「パティシエ・ドゥ・ルアン」のシェフ・パティシエに就任。1997年「都ホテル大阪」、1998年「株式会社ジェイアール東海ホテルズ ホテルアソシア豊橋」製菓料理長を経て1999年より「株式会社ジェイアール東海ホテルズ 名古屋マリオットアソシアホテル」製菓料理長を務める。
第12回西日本洋菓子コンテスト・小物菓子部門/デコレーションケーキ部門第1位(1987年)、第15回西日本洋菓子コンテスト・小物菓子部門/デコレーションケーキ部門第1位(1990年)、第25回グランプリ・インターナショナル・マンダリンナポレオン世界大会第2位(1997年)、ジャパン・ケーキショー・味と技のピエスモンテ部門大会会長賞(2000年)、第25回中部氷彫刻展2部第1位(2002年)、第24回全国菓子大博覧会IN熊本・農林水産大臣賞(2002年)、クープ・ド・モンド・ド・ラ・パティスリー世界大会・団体部門第2位/氷彫刻部門第1位(2003年)、全日本司厨士協会京滋地方本部氷彫刻コンクール第1位(2003年)等の受賞歴を持つ。
委員
望月 完次郎
(もちづき かんじろう)
委員
山本 光二
(やまもと こうじ)
1958年神奈川県生まれ。1978年「帝国ホテル」入社後、1979年調理部ペストリー課に配属。1999年ペストリー課シェフになり、2002年ペストリー課課長に就任する。この間1990年渡米、カリナリーインスティチュート・オブ・アメリカに入学、1991年にデラウエア州のホテル・デュポンにて技術指導を務める。
第20回全国菓子博覧会・大型工芸菓子部門菊花龍紋賞(1984年)、第1回クープ・ド・モンド・ド・ラ・パティスリー世界大会日本代表(1989年)、第1回ワールドペストリーチームチャンピオンシップ・飴細工部門優勝(2002年)、全国菓子大博覧会IN熊本・大型工芸菓子部門名誉総裁賞(2002年)等の受賞歴がある。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・理事及び技術指導部委員を務める。
1966年東京都生まれ。香川栄養専門学校調理師科卒業後、「エヴァンタイユ」「ホテル西洋銀座」等を経て渡欧。3年間にわたりベルギー「オーバーワイス」、パリ「ストレール」、「グランダン」等で修業。帰国後、「ひらまつ」に入社し「イグレック広尾」のパティスリー・シェフを務め、2001年東京・大泉学園に「パティスリー プラネッツ」をオープン。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
委員
横山 知之
(よこやま ともゆき)
委員
野島 茂
(のじま しげる)
1963年東京都生まれ。辻調理師専門学校卒業後、「大阪プラザホテル」入社。その後「ホテル・オークラ」、「ホテルニューオータニ」等で修業した後、「ホテルニューオータニ幕張」でシェフ・パティシエに就任。その間テレビチャンピオンケーキ職人選手権で3連覇を達成。2001年千葉県習志野市に「ル・パティシエ・ヨコヤマ」をオープン。 1966年埼玉県生まれ。専門学校卒業後、1987年「東京全日空ホテル」に入社。1994年「パークハイアット東京」に入社し、2004年3月からペストリー・シェフを務め、2007年9月から「ペニンシュラ東京」のペストリー・シェフを務める。
東日本洋菓子作品展・工芸菓子部門連合会会長賞(1995年)、クープ・ド・フランス優勝(1999年)、クープ・ド・モンド・ド・ラ・パティスリー世界大会準優勝(2003年)等の受賞歴がある。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
委員
辻口 博啓
(つじぐち ひろのぶ)
委員
寺井 則彦
(てらい のりひこ)
1967石川県生まれ。都内の有名店、ホテルで修業後、1998年東京・自由が丘にオープンした「モンサンクレール」のシェフ・パティシエに就任。2001年に同店のオーナー・パティシエとなる。自由が丘に「ロール屋」、六本木ヒルズに「ショコラ ドゥ アッシュ」等多数店舗を展開中。
クープ・ド・フランス インターナショナル部門優勝(1995年)、クープ・ド・モンド・ド・ラ・パティスリー世界大会団体第3位(1997年)等の受賞歴を持つ。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
1965年神奈川県生まれ。都内の調理師学校卒業後、1984年「ルノートル」入社。5年勤務の後、渡仏しアンジェの「トリアノン」、アルザスの「ジャック」等で修業。帰国後「コルドンブルー」勤務、「オテル・ドゥ・ミクニ」のシェフを経て、2004年東京・目白に「エーグルドゥース」をオープン。
クープ・ド・モンド・ド・ラ・パティスリー世界大会団体準優勝(2003年)。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
委員
川村 英樹
(かわむら ひでき)
委員
五十嵐 宏
(いがらし ひろし)
1971年新潟県生まれ。1989年「東京プリンスホテル」入社。2000年に渡仏しブルターニュの「グランドホテル・テルメスマリーン」で修業。帰国後2001年に東京・吉祥寺の「アテスウェイ」のオープンと同時にシェフ・パティシエに就任。2007年に同店のオーナー・パティシエとなる。
内海杯優勝(1994年)、クープ・ド・フランス世界大会総合優勝(1997年)、アルパジョン・ガストロノミックコンクールのショコラ部門優勝(2000年)等の受賞歴を持つ。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
1972年東京都生まれ。「コロンバン」勤務を経て、1996年に渡仏しブルターニュの「カルトロン」で修業後に帰国。「ホテル西洋銀座」のシェフ・パティシエ、東京・六本木の「六本木ヒルズクラブ」のシェフ・パティシエを経て、東京・日本橋の「マンダリン オリエンタル 東京」のシェフ・パティシエを務めた後、2012年3月に東京都葛飾区に「パティスリー ラ・ローズ・ジャポネ」をオープン。
クープ・ド・モンド・ド・ラ・パティスリー世界大会団体第4位(1999年)、クープ・ド・モンド・ド・ラ・パティスリー世界大会準優勝(2001年)等の受賞歴を持つ。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
委員
金子 美明
(かねこ よしあき)
委員
和泉 光一
(いずみ こういち)
1964年千葉県生まれ。「ルノートル」勤務を経て東京・代官山の「ル・プティ・ブトン」のシェフ・パティシエとなる。1999年に渡仏し、パリの「ラデュレ」、「シュクレ・カカオ」、レストラン「アラン・デュカス」等で修業の後帰国。2003年東京・自由が丘に「パリ・セヴェイユ」をオープン。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
1970年愛媛県生まれ。日本菓子専門学校卒業後「成城アルプス」に入社。7年勤務の後、大阪の「フランシーズ」を経て、2000年に東京都調布市の「サロン ド テ スリジェ」のシェフ・パティシエに就任し、2009年3月まで勤務。2012年5月に東京都渋谷区に「アステリスク」をオープン。
2002年、2003年内海杯連続優勝、さらに日本代表としてクープ・ドゥ・フランス、ワールド・チョコレート・マスターズ(3位入賞/2005年)、ワールド・ペストリー・チャンピオンシップ(2006年/2008年)等に出場。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
委員
土屋 公二
(つちや こうじ)
委員
神田 広達
(かんだ こうたつ)
1960年静岡県生まれ。高校卒業後、大手スーパーを経てパティシエの道に入る。1982年に渡仏し、数々のパティスリー、ショコラトリー、レストランで修業。1987年に帰国し、「ミッシェル・ショーダン」等を経て、1999年、東京都渋谷区にショコラの専門店「ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマ」をオープン。現在5店舗を展開中。
シャルル・プルースト・コンクール銀メダル、アルパジョン・コンクール銀メダル等、入賞歴多数。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
1972年東京都東村山市生まれ。東京・大泉学園「ら・利す帆ん」で4年間修業を積む。その後実家が経営する「ロートンヌ」に戻り、1998年よりオーナー・シェフを務める。
東日本洋菓子作品展・銀賞(1993年・1994年)、内海杯準優勝(1995年)、ジャンマリーシブナレル杯準優勝(1995年)等の受賞歴を持つ。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
委員
喜島 立也
(きじま たつや)
委員
Santos ANTOINE
(サントス・アントワーヌ)
1968年兵庫県神戸市生まれ。1988年「ホテル・オークラ東京」に入社し、1995年から「グアム ホテル・オークラ ペストリー・シェフ」を務め、1998年に「ホテル・オークラ東京」に戻る。2005年から東京・汐留の「コンラッド東京」のペストリー・シェフを務め、2008年5月まで勤務。2010年長野県松本市に「パティスリー・ブロッサム」をオープン。
東日本洋菓子作品展・大型工芸菓子部門金賞(1999年)、ジャパンケーキグランプリ2000準優勝(2000年)、グランプリ・マンダリンナポレオン日本大会 2位(2000年)、カリフォルニアレーズンコンテスト審査員特別賞(2001年)、ワールドペストリーチームチャンピオンシップ・飴細工部門優勝(2002年)、グランプリ・マンダリンナポレオン日本大会優勝(2003年)、グランプリ・マンダリンナポレオン世界大会(ベルギー)プレゼンテーション1位・総合2位(2003年)等の受賞歴を持つ。
1969年フランス・オーバーニュ生まれ。1985年、地元の「ナラン」で見習いとなる。1987年スイス・ローザンヌの「モンジェニエ」に移り、ベーカリーとショコラを担当。フランスに戻りイヴ・チュリエス氏のもとでショコラとグラスのシェフ・パティシエを、フィリップ・スゴン氏の店ではアントルメ部門のシェフ・パティシエを務めた。1992年ロンドンに渡り、ホテルインターコンチネンタルのレストラン「ル・スフレ」でシェフ・パティシエ。1995年からは「ヴァローナ・ジャポン」で開発と技術指導を担当、1999年からコンサルタント活動を開始。2000年に「エコール・クリオロ」を設立し、2003年に「パティスリー エコール・クリオロ」をオープン。
ジャンルイ・ペルトロ・アルパジョン・コンクール・ジュニア部門優勝(1990年)、シャルル・プルースト・コンクール・シニア部門優勝(1992年)。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
委員
Frédéric MADELAINE
(フレデリック・マドレーヌ)
委員
鈴木 兼介
(すずき けんすけ)
1965年フランス・ノルマンディー地方カン生まれ。1980年フランス・ナントのパティスリー・ショコラティエ「フルニェ」で見習いとしてスタート。海軍での兵役を終え、ミシュラン二つ星のレストラン「ローラン」で副シェフ・パティシエを、オーストラリア・メルボルンのレストラン「ミエタス」でシェフ・パティシエを務めた。フランスに戻り三つ星レストラン「マーク・ムノー」でのシェフ・パティシエを経て、1997年から「ダロワイヨ・フランス」のシェフ・パティシエを務め、1999年日本に転勤、「ダロワイヨ・ジャポン」のシェフ・パティシエとなった。2005年10月に世田谷区北沢に「le Pommier(ル・ポミエ)」をオープン。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
1969年東京都生まれ。1988年「東京ベイヒルトン」に入社。1993年、チョコレートとデザート研修のためにドイツ・ウッパタール市に留学。2007年に「東京製菓学校」洋菓子課教師に就任、現在に至る。
東日本洋菓子作品展・アントルメ・タルト部門金賞(1997年)、東日本洋菓子作品展・プティ・ガトー部門大会会長賞(1998年)、東日本洋菓子作品展・チョコレート工芸菓子部門連合会会長賞(1999年)、第11回内海杯技術コンクール銀賞(2003年)、ワールド・ペストリー・チーム・コンテスト日本予選第3位(2007年)等の受賞歴を持つ。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
委員
林 正明
(はやし まさあき)
委員
岡本 公一
(おかもと こういち)
1972年東京生まれ。東京製菓学校卒業後、東京都内の洋菓子店勤務を経て、2000年「ホテル・グラン・パシフィック・メリディアン」に勤務。2004年埼玉県川越市の「氷川会館」シェフ・パティシエに就任し2009年3月まで勤務。2010年東京・板橋にオープンした「マテリエル」のシェフ・パティシエとなる。
ワールド・ペストリー・チャンピオンシップ(2007年)に出場、クープ・ド・モンド・ド・ラ・パティスリー世界大会(2009年)日本代表キャプテンを務める。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
1967年東京生まれ。1986年「ホテル・オークラ東京」入社。シェフ・パティシエを経て、2008年「パティスリー・ミツワ・ギンザ」出店と同時にエグゼクティブ・シェフ・パティシエに就任、2013年2月まで務める。
クープ・ド・フランス(2003年)に出場、2006豆を用いた和洋菓子コンテスト最優秀賞受賞。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
委員
武藤 修司
(むとう しゅうじ)
委員
安食 雄二
(あじき ゆうじ)
1967年福島生まれ。「プリンスホテル」「ホテル西洋銀座」勤務を経て、1994年に渡欧。フランス、ベルギーの有名店で修業の後、帰国。1997年に「パン・パシフィック・ホテル」に入社、2007年から「ザ・リッツ・カールトン東京」のエグゼクティブ・ペストリー・シェフを務めた後、2012年6月から「マンダリン オリエンタル 東京」シェフ・パティシエを務める。
アルパジョン・ピエス・アーティスティック部門優勝(1995年)、メートル・ド・パティシエ世界選手権4位(2001年)、ワールド・ペストリー・チャンピオンシップ準優勝(2006年)等の受賞歴がある。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
1967年埼玉県生まれ。東京・練馬の「ら・利す汎ん」、神奈川・葉山の「鴫立亭」、「横浜ロイヤルパークホテル」等に勤務。渡仏して研修を続けた後、1998年、東京・自由が丘「モンサンクレール」の立ち上げに参加。2001年、神奈川・たまプラーザ「デフェール」のシェフ・パティシエに就任。2010年、神奈川・横浜に「スイーツ・ガーデン・ユージ・アジキ」をオープン。
マンダリン・ナポレオン・コンクール(ベルギー開催)優勝(1996年)の受賞歴がある。
委員
安里 哲也
(やすざと てつや)
委員
水野 直己
(みずの なおみ)
1971年大阪府生まれ。1988年から8年間和食の修業を続けた後、1996年から4年間、三重県内の「アンデルセン・コンディトライ」に勤務。2000年に「名古屋東急ホテル」に入社、現在「ザ・キャピトルホテル東急」勤務。
ジャパン・ケーキショー東京「トップ・オブ・パティシエ」アメのピエスモンテ部門優勝(2009年)、第2回アジア・ペストリー・チーム・コンテスト(2009年)に日本代表として出場し優勝するなどの受賞歴がある。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
1978年京都府生まれ。高校卒業後、東京都内の洋菓子店、レストランに勤務。2002年に渡仏し、「Le Grenier a Pain PARIS」、「Le Trianon ANGERS」等で修業。2004年に帰国し、東京・吉祥寺の二葉製菓学校に講師として勤務。2009年に京都・福知山市の「洋菓子マウンテン」にシェフ・パティシエに就任、現在に至る。
ワールド・チョコレート・マスターズ(2007年)に日本代表として出場し優勝するなど、受賞歴多数。
委員
川内 唯之
(かわうち ただゆき)
委員
丸山 正勝
(まるやま まさかつ)
1973年新潟県生まれ。高校卒業後、大阪あべの辻製菓専門学校に入学。1993年、卒業と同時に「東京全日空ホテル」に入社。その後東京・八王子の「ア・ポワン」、「パン・パシフィック・ホテル横浜」を経て、1998年「パークハイアット東京」に入社、2007年からペストリー・シェフを務めた後、2012年4月より「香川調理製菓専門学校」で教職に就く。
第25回ジャン・ルイ・ベルトロ・チャレンジ・コンクール(フランス開催)優勝(2005年)等の受賞歴がある。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
1966年長野県生まれ。東京調理師専門学校を卒業後、東京・代官山の「小川軒」、「シェ・リュイ」を経て、1989年渡仏。2年間の修業後、1991年に帰国し東京・青山の「ルコント」に勤務。その後日本に進出した「トロワグロ」のシェフ・パティシエを約10年間務めた後、2005年に東京・大森に「パティスリー・ガリュウM」をオープン。
委員
藤本 智美
(ふじもと としみ)
委員
鍋田 幸宏
(なべた ゆきひろ)
1971年神奈川県生まれ。武蔵野調理師専門学校を卒業後、1990年「横浜プリンスホテル」に入社。2003年「グランドハイアット東京」オープンと同時に入社、2006年にペストリー・シェフ宴会担当に就任。2011年3月同ホテルを退社、2011年8月神奈川県川崎市の新百合ヶ丘に自店「エチエンヌ」をオープン。
第7回内海杯優勝(1999年)、アルパジョン・コンクール・ピエス・アーティスティック部門優勝(2000年)、クープ・ド・モンド・ド・ラ・パティスリー世界大会優勝(2007年)等の受賞歴がある。
1972年愛知県生まれ。大阪あべの辻製菓専門学校フランス校卒業後、フランス「LAFAY」で修業する。神奈川県にある数店のパティスリーで勤務の後、フランス「ロアジス」、神奈川県「レジオン」を経て、東京・代官山「レコールバンタン」他で教鞭をふるう。また現在はフリーで活動。
内海杯 最優秀味覚賞(2005)、ジャパン・ケーキショー東京 トップ・オブ・パティシエ 優勝(2008)、クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー 日本代表キャプテン(2011)等の受賞歴を持つ。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
委員
益田 一亜輝
(ますだ かずあき)
委員
高倉 美香
(たかくら みか)
1969年群馬県生まれ。東京製菓学校を卒業後、新宿区のホテル「センチュリーハイアット東京」(現:ハイアットリージェンシー東京)に就職し、8年間勤務。その後母校に戻って教職に就き、現在は課長として洋菓子部門を統括している。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
京都府生まれ。同志社女子大学家政学部食物学科卒業後、一般事務職を経て、渡独。ドイツ・ミュンヘンマイスター校に入学し、菓子職人としての歩みをスタートする。「Cafe Mucdhener Freihei Eisenrieder」などの菓子店を経て、2006年、約15年に及ぶドイツ在住を終えて帰国。同年より「日本菓子専門学校」で教職に就き、現在に至る。ドイツ製菓マイスター資格取得(1998年)、ドイツ製パンマイスター資格取得(2006年)。
現在、公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。
委員
平井 茂雄
(ひらい しげお)
委員
浅見 欣則
(あさみ よしのり)
1974年兵庫県生まれ。辻学園日本調理師専門学校卒業後、1995年神戸市の「コムシノワ」に入社。2001年渡仏し2年間フランスでの修業を経て、2003年「グランドハイアット東京」に入社。2006年同社ペストリー副料理長、2011年ペストリー料理長に就任。2012年神戸市北野の自店「ラヴニュー」をオープン。
ジャパン・ケーキショー東京 トップ・オブ・パティシエ チョコレート部門準優勝(2008)、ワールド・チョコレート・マスターズ世界大会優勝(2009年)等の受賞歴を持つ。
1976年埼玉県生まれ。東京製菓学校卒業後、東京都港区の「明治記念館」に4年間勤務し、渡仏。オートサヴォワ「パトリックシュバロ」に1年、アルザス「パティスリー ダニエルレベー」に1年勤め、ストラスブール「パティスリー キュブレー」でシェフ・パティシエとして10年間勤務する。2013年8月に帰国し、「株式会社 YOSHINORI ASAMI」を設立。現在出店準備を進めている。
東日本洋菓子作品展大型工芸菓子部門連合会会長賞・準グランプリ(1999年)、サロン・デュ・ショコラ シャルルプルースト杯パリ準優勝(2006年)、M.O.F.(フランス国家最優秀職人章)コンクール食部門外国人初ファイナリスト(2011年)などの受賞歴を持つ。
委員
植ア 義明
(うえざき よしあき)


1975年茨城県生まれ。調理師学校卒業後、水戸市内の仏料理店に3年間勤めた後、東京都世田谷区の「パーラー・ローレル」で5年間修業。その後、茨城県水戸市の「パティスリーKOSAI」に11年間勤務し、スーシェフを務める。同店を退社し、2013年よりショコラティエ・テクニカルアドバイザーとして森永商事鰍ノ所属、現在に至る。
ジャパン・ケーキショー東京・チョコレート工芸菓子部門グランプリ(2006)、ジャパン・ケーキショー東京・トップ・オブ・パティシエ・チョコレート部門優勝(2007)、ワールド チョコレート マスターズ準優勝(2011)などの受賞歴を持つ。
 

| BACK |